スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢によるダメージヘア

女性の場合40歳を過ぎたころから皮脂腺の働きが一気に衰えてきます。
そのため皮脂の分泌量が減ってしまいます。
皮脂の分泌量は季節によっても左右され、その量に違いがあります。
皮脂が不足することで頭皮は乾燥してしまうのです。
もう一つの原因として、パーマやカラーなどのアルカリ剤による原因が考えられます。
アルカリ剤が頭皮に付着してしまうと頭皮の角質が膨潤します。
普通はパーマやカラーなどは短時間で処理して洗い流すものなので問題はそこまでありません。
仮に頭皮にアルカリ剤が残ってしまったとしても皮膚の中にはアルカリを中和する機能があるため、正常な状態に戻ろうとします。
角質の膨潤状態も元に戻すことができます。
しかしこのアルカリを中和する機能が低い人の場合は、アルカリ剤の影響を受けやすく健康が損なわれてしまうのです。ダメージヘアを気にしている人は、このあたりを見直して見るのも大事です。

派遣会社 ランキング
エバンジェリスト
フォーランドフォレックス
プロフィール

rainbowbear3

Author:rainbowbear3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。