スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸付利息の利息制限法とは?

大手の貸金業者(武富士やプロミス等)では貸付利息は利息制限法と言う法律に基づいて制定されています。利息制限法は借入金額によって金利が分けられているのですが最大10万円未満の借り入れで20%と言う金利が一番高い金利になっていると思います。しかしその他の貸金業者ではその20%と言う利率をかなりオーバーした金利、多くは出資法で融資を行っている所が多いそうなのです。何故こんな状況になったのかと言うとこれは利息制限法に対して罰則が無い事が原因と言われています。この事が原因で多重債務者が日本中に増えてしまったと言う事実も有ると思うのです。

では、その出資法と利息制限法と言うのは何が違うのでしょうか。先ずは出資法についてです。出資法は貸金業者が金銭の貸し付けを行う場合に適用される法律です。今は法律が改正された為に金利の上限が年29.2%になりましたが改正前は40.004%と本当に高金利になっていたのです。しかし法律の改正後はこの29.2%と言う金利を超えた金利で契約をした場合は懲役または罰金が課せられる事になっています。つまり犯罪と言う訳です
クリック証券
マネーパートナーズ
iPhone FX
プロフィール

rainbowbear3

Author:rainbowbear3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。